皆生温泉 皆生菊乃家の新・若女将見習いお宿日記

若女将見習いの柴野寛子が綴るブログです。3年間の東京の旅行会社勤務の経験を生かし、旅館の若女将目指して奮闘中の26歳です!尚、姉の若女将は只今産休中でございます。。。

<< 一気に春めいています | ブログホーム | 「いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポン」が来られました♪ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2012.01.10 Tuesday
  • -
  • by スポンサードリンク

大叔母のお弟子さんの書がずらりと




昨日から12日(日)まで、地元「米子やよいデパート」4階にて
大叔母が開いている書道教室の皆さんの作品が一堂に飾られています。
大叔母の雅号「柴野芳泉」の名前からとって「泉心書道会」です。
この皆さんの合作として、当館1階ロビーに大きく飾っている
三十六歌仙の作品があります。

お弟子さんとはいえ、素人目には皆さん本当に素晴らしいです。
仮名書の素敵なところは、古くは万葉時代から近代、そして
自身創作などの「句」の言葉もまた観賞できるところです。

優しく和の情緒を感じさせてくれる見た目から入り
よくよく読んで書かれている句の言葉に心ハッとさせられて。
そして改めて眺めてみるとまた新鮮な印象で観賞ができて。

そんなふうにして一点一点の言葉を
大叔母から説明を受けて廻っていたら
すっかり心が和んでいました。

ちなみに、この写真の右上の大きな書に書かれているのは
尾張徳川家の家臣だったという横井也有の句です。
「山寺の 春や仏に 水仙花」

余白が余韻になる。
日本文化のそんな感性を大切にしたいです。

スポンサーサイト


  • 2012.01.10 Tuesday
  • -
  • 20:00
  • by スポンサードリンク
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
若女将のお宿通信
アメブロで更新中!
記事のカテゴリー
記事の一覧
過去の記事
リンク
スタッフ
記事の検索
その他
携帯電話QRコード
qrcode
お知らせ